JIN CLINIC_logo
10:00~18:00 (木曜・日曜休診)
施術メニュー:

目元手術

INVESTING METHOD

二重埋没法

二重テープ卒業!朝起きてすぐ二重の自分に

1000件以上の症例実績のある院長が責任を持って執刀いたします。
滋賀県の方が県外に行かなくても安心して治療を受けていただけるようなクリニックを作りたいと考えたのが開業した理由の一つです。

二重埋没法とは?

二重にしたい位置に極細の糸を通して二重ラインを作ります。メスを使用しないため腫れや内出血などのダウンタイムが少ないのが特徴です。まぶたや身体への負担も少なく二重を作ることができる施術として初めての方にもおすすめです。

二重埋没法はこんな方におすすめ!

  • 滋賀県ではなんかちょっと心配だから京都大阪とかまで行った方がいいのかな、と考えているけど実際どの先生にどの術式で手術してもらうのがいいのか調べれば調べるほどよくわからなくなっている方
    (当院では院長が自信・責任を持って執刀させていただきます)
  • 話を聞いてもらって医師とデザインをしっかり共有した上で手術を受けたい方
  • 毎日のアイプチが面倒な方
  • 朝アイプチがうまくいかなかったら学校や職場に行くのが億劫になる方
  • 毎朝のメイク時間を短くしたい方
  • なるべくダウンタイムを抑えたい方
埋没法はこんな方におすすめ

当院の治療方法

埋没法だけを見てもやり方はたくさんあるしいろんなクリニックでいろんな名前の埋没法があります。色々な先生、色々なサイトで全然違うことが言われており、調べれば調べるほどわからなくなるし不安になると思います。
他の方法との比較をすると余計にわかりにくくなると思いますので当院で採用している方法に絞ってここでは記載させていただきます。
当院で行う埋没法は院長の経験に基づいて自信を持っておすすめできます。 院で扱っているのは「挙筋法の線どめ」のみとなります。
理由は挙筋法の線どめが本来の(天然の)二重の形に1番近く、より自然な二重にできるからです。
当院ではバックアイシリーズとフロントアイシリーズがあります。
両方とも挙筋法の線どめである点は変わらないですが、結び目が裏側(挙筋側)か表側(皮膚側)かの違いがあります。基本的には結び目が裏側のバックアイシリーズがおすすめですが、他院ですでに埋没を経験されている方などは表側のフロントアイシリーズのご提案をさせていただくことがあります。
バックアイシリーズは手術難易度が高く過去に手術を受けていると術後の炎症などでできない場合があります。バックアイご希望でも手術中に判断してフロントアイに変更する可能性もあります。その場合、ご説明の上、差額は返金します。詳細はカウンセリングでご説明させていただきます。

当院の治療の特徴

当院では次のことを重視して二重手術を行います。
  • お客様の不安な気持ちに寄り添ってできるだけ安心して手術を受けていただけるよう配慮する
  • 痛みはできるだけ少なく済むよう配慮する。
  • 手術によってどう変われるかを事前に共有し納得の上で治療を受けていただく。

JIN CLINICでは

手術を受けるということは、いくらメスを使わないと言っても不安で不安で仕方ないと思います。本当に大丈夫?後悔したらどうしよう。もし失明したらどうするの?SNSで怖いことが書いてた、、、不安は尽きないと思います。
当院では必ず院長自ら責任を持って手術を行います。
痛みや不安な気持ちにしっかり寄り添い安心して施術を受けていただけます。手術中はお話してたらあっという間に終わった、と多くの方から言っていただいております。
1人でも多くの方に当院で手術を受けて、本当に良かった、もっと早くすればよかったと思っていただけるようにスタッフ一同誠心誠意ご対応させていただきます。術後アフターケアもしっかりさせていただきますので何か気になることがあればいつでもご連絡ください。
埋没法_JIN CLINICでは

二重埋没法の注意点

  • まぶたのかぶれがあると手術できないことがあります。を受けていただけません。
  • ダウンタイムがあります。術後2.3日が腫れのピークで徐々に改善していきます。
  • 内出血が出る場合があります。2週間程度で自然に吸収されて消えていきます。

二重埋没手術の実際

施術時間
約30分
麻酔
局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔を使わないので車の運転への影響はありません)
術中の痛み
最初の局所麻酔の時に痛みがあります。それが終わればあとは痛くないです。
傷跡
ほとんど残りません。小さい針穴が少しある程度で目立ちません。
モニター様
写真撮影に2回程度来院をお願いしております。

二重埋没手術後の過ごし方

  • 基本的には普段通りの生活で大丈夫です。
  • 長風呂、運動、サウナ、飲酒など体を温めることは内出血が出やすくなりますので3日間はお控えください。
  • 入浴は可能ですが当日と翌日はシャワーのみなど手短に済むようにしてください。
  • 座っている状態など頭が高い位置にある方が腫れは少なく済みます。夜眠る時も枕を高くするなどするとダウンタイムは抑えられます。
INCISION

ナチュラル目頭切開

ナチュラル目頭切開はこんな方におすすめ!

  • 目と目の距離が離れているのが気になる方
  • 目を大きくぱっちり見せたい方
  • 平行二重に近づけたい方
  • モウコヒダ(蒙古襞)を目立ちにくくしたい方
  • 目の横幅を広げたい方
ナチュラル目頭切開はこんな方におすすめ

ナチュラル目頭切開とは?

目頭にあるモウコヒダ(蒙古襞)を切開し目の横幅を広げることで、目を大きく見せる・左右の目の間隔を狭める施術方法です。モウコヒダを切開することで平行二重に近づけることもできるようになります。
ナチュラル目頭切開をすると涙丘(目頭のピンクのところ)が見えるようになります。

モウコヒダとは

モウコヒダは目頭付近にある皮膚のつっぱりのことで、日本人をはじめ東洋人に多く見られます。西洋人にはほとんど見られません。モウコヒダによって二重ラインが末広型になったり、白目の内側や目頭のピンクの涙丘(るいきゅう)が隠れることで寄り目だったり小さな目に見えてしまうことがあります。モウコヒダがあると目が丸く可愛らしい印象となりますが、同時に少し子供っぽいような印象も与えてしまいます。モウコヒダを解消すると目頭のピンクの涙丘(るいきゅう)が見えることでシャープで華やかな印象の目元になります。

目と目の距離の黄金比について

目と目の距離について、多くの人が美しいと感じる黄金比が存在します。それが目と目の間の距離が「1:1:1」になっていることです。
日本人だと目と目の間の距離は平均で34-35mmと言われています。40mmを超えると目が離れている印象に感じてしまうかもしれません。

ナチュラル目頭切開の特徴

モウコヒダを解消して目頭側のピンクの部分(涙丘るいきゅう)が見える状態を目指します。小さな切開を行いますが局所麻酔と笑気麻酔のみ(静脈麻酔は不要)で行うことができるので当日の運転などには影響がありません。
二重手術やまぶたの脂肪とり手術と同日に行うことも可能です。

JIN CLINICでは

目元の手術を考えたとき、埋没二重の手術とナチュラル目頭切開ではハードルが全然違うと思います。切るか切らないかはそれほど大きな違いがあるように感じます。
しかし、当院のナチュラル目頭切開では数ミリ程度の切開のみです。傷跡も目立ちにくくダウンタイムも短いのが特徴です。経験豊富な院長が責任を持って手術を行います。
実際に興味があってもしたらいいのかどうなのかわからない方も多いと思います。そのような方にはナチュラル目頭切開をしたら、こんな感じになる、しなかったらこんな形になる、など比べてご説明させていただきます。
モウコヒダの張りを取り除いて目頭のピンクの部分(涙丘るいきゅう)が見えるようにする手術ですが、西洋人のような目元を目指してピンク全見えにしてしまっては不自然な印象になってしまうこともあります。ある程度残しつつ気になるハリ感のみを自然に取り除くというのが当院の方針です。
また、当院ではナチュラル目頭切開の適応がある方でも、埋没二重のみご希望なら無理に勧めることはありません。逆に強くナチュラル目頭切開をご希望されてもバランスなどを考慮した上でおすすめしない場合もあります。
適応の有無などカウンセリングでお話させていただきます。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
カウンセリング

ナチュラル目頭切開の注意点

  • 埋没二重やまぶたの脂肪とりなどと同日に行うことが可能です。
  • 縫合をしますので5-7日後を目安に抜糸が必要です。
  • 術後しばらくは傷跡、赤みがあります。通常3ヶ月ほどで落ち着き目立たなくなりますが完全に消えるわけではありません。
  • 感染は通常起こりませんが抵抗力が弱っている方など化膿する場合があります。
  • 内出血が出る場合があります。通常2週間程度で自然に吸収されて消失します。

ナチュラル目頭切開手術の実際

施術時間
約45分
麻酔
局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔を使わないので車の運転への影響はありません)
術中の痛み
最初の局所麻酔の時に痛みがあります。それが終わればあとは痛くないです。
抜糸
施術後5-7日を目安に抜糸を行います。
傷跡
抜糸後しばらくは赤みがあります。3ヶ月経つとほとんど目立たなくなります。
モニター様
写真撮影に2回程度来院をお願いしております。

ナチュラル目頭切開手術後の過ごし方

  • シャワーは当日から可能です。当日は目元を濡らさないようにしてください。
  • 入浴は抜糸後から可能です。
  • 洗顔は翌日から可能です。
  • 目元のメイクは抜糸後翌日から可能です。できれば2日後からがおすすめです。
  • コンタクトは抜糸後から可能です。
  • マツエクは1ヶ月後から可能です。
EYELID

まぶた脂肪取り

まぶた脂肪取りはこんな方におすすめ!

  • まぶたが厚いと感じる
  • 朝起きるとまぶたがむくんでいる
  • 埋没を長持ちさせたい
  • アイプチなどしても癖がつかない、または目尻の最後までしっかりラインが入らない
まぶた脂肪取りはこんな方におすすめ

まぶたの脂肪とは?

目の上にあるまぶたの脂肪(眼窩脂肪)が多いとまぶたが厚ぼったく見えてしまいます。アイプチをしてもすぐに外れる方、まぶたが厚いと感じる方などはまぶたの脂肪が多い可能性があります。まぶたの脂肪はダイエットしても減ることがないので多い方は手術で取る必要があります。

まぶた脂肪取りの特徴

まぶたの脂肪とりではまぶたをわずか数ミリ切開し、余分な眼窩脂肪を除去することによりまぶたの分厚さや腫れぼったさを解消することができます。基本的に縫合等は不要で直後から傷口は目立ちません。
埋没二重などと合わせて行うと埋没の持ちが良くなる効果もあります。脂肪とり単体をご希望の方も施術を受けていただくことができます。

JIN CLINICでは

経験豊富な院長が施術を行います。痛みにも十分配慮しますので安心して施術を受けていただけます。
まぶたが厚ぼったいと感じている方には皮膚が分厚い方とまぶたの脂肪が多い方、もしくはその両方の方がおられます。適応となるのはまぶたの脂肪が多いと判断された方です。ご自身がどのタイプなのか、カウンセリンで診察させていただきます。埋没など他の施術と合わせて行うことも可能です。まぶたの脂肪とり単体をご希望の方もご対応させていただきます。
実際に行った方の話を聞くと、人から気づかれることは少ないけど自分の悩みはとても解決した、という方がほとんどです。
埋没と一緒に行う場合、埋没でできる二重のライン上に数ミリの切開を加えるので施術後目立つことはほとんどありません。また、ダウンタイムも非常に少ないのが特徴です。
適応の方にはとてもおすすめできる施術です。
ヒアルロン酸注射_JIN CLINICでは

まぶた脂肪取りの注意点

  • 内出血が出る場合があります。通常2週間で自然に吸収されて消失します。
  • 個人差はありますが痛みや腫れが出る場合があります。通常1週間程度で消失します。
  • 直後から変化を感じていただけます。
  • 半永久的に効果は持続します。
  • より自然な状態になるまで1ヶ月ほどかかる場合があります。

まぶた脂肪取り手術の実際

施術時間
約20分
麻酔
局所麻酔、笑気麻酔(静脈麻酔を使わないので車の運転への影響はありません)
術中の痛み
最初の局所麻酔の時に痛みがあります。それが終わればあとは痛くないです。
傷跡
ほとんど残りません。
適宜
必要と判断した場合には綺麗に仕上げるため1針だけ縫合する場合があります。
モニター様
写真撮影に2回程度来院をお願いしております。

まぶた脂肪取り手術後の過ごし方

  • シャワーは当日から可能です。当日は目元を濡らさないようにしてください。
  • 洗顔は翌日から可能です。目元は優しく行ってください。
  • 入浴は1週間後から可能です。
  • 目元のメイクは2日後から可能です。
  • コンタクトは2日後から可能です。
  • マツエクは1ヶ月後から可能です。